スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰椎すべり症

いうなれば、腰椎すべり症とは「腰椎」によるヘルニアと言っても良いのかもしれません。そして、過負荷に耐え切れなくなった筋肉が悲鳴をあげ、「痛み」となるわけです。

腰椎すべり症の「痛み」「重だるさ」の原因は「神経圧迫」と「筋疲労」です。その結果、左右の筋バランスが崩れてしまい、一方の筋肉には過負荷がかかり、筋肉が徐々に疲労を蓄積してしまいます。

腰椎すべり症の症状には、すべりを起こした腰椎による「神経圧迫」とすべりの結果、歪みの生まれた身体に起こる「筋疲労」によるものが多いという事を御理解下さい。一方の「筋肉疲労」については、すべりを起こした腰椎のせいで、身体には「歪み」が生じます。

「神経圧迫」は滑った腰椎が特定の姿勢を取った際に脊髄に触れたりして神経痛が起こり、慢性的な「重だるさ」をもたらしてしまったりするケースが多いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

卓球速見

Author:卓球速見
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。